ネーミング(命名)ジェネレータ「ね〜ま〜2」 フリーのネーミング ツール

 

■ ネーミング(命名)ジェネレータ「ね〜ま〜2」とは
「ね〜ま〜2」は、ネーミング(命名)のお手伝いをするフリー・ツールです。

■ 使い方
キーワード文字を入力し [じぇねれーと]ボタンをクリック! ( 詳しくはページの下のほう )

   
■キーワード  
■付加文字数
■濁音出現率  × がぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼ
■半濁音出現率  × ぱぴぷぺぽ
 
ジェネレート結果 カタカナ
ジェネレート結果 ひらがな
ジェネレート結果 アルファベット大文字
ジェネレート結果 アルファベット小文字
※Javascriptを有効にしてお使い下さい。

K-REE 経理用の小物フリーソフト

ネーミング(命名)ジェネレータ「ね〜ま〜2」とは?

ネーミング(命名)ジェネレータ「ね〜ま〜2」 とは、ネーミング(命名) をする時に、思考の手助けをしてくれる、 文字列ランダム生成、文字列シミュレーションのフリー・ツールです。

バージョン2の「ね〜ま〜2」になって、濁音・半濁音の出現率を変えられるように なりました (^-^)v

友だちのニックネームや、商品名・製品名・会社名・店舗名・サイト名・アパート名・マンション名 などの ネーミング にどうぞ (^-^)r

乱数の神様が、貴方に微笑むことを願って・・・。

使い方

キーワード にネーミングのキーワードとなる 文字を入力して、[じぇねれーと]ボタン をクリックします。 すると、キーワード文字にランダム発生させた文字列をくっつけて、表示します。 例えば、テレビのネーミングであれば、「テレビ」とか「テレ」を入力します。

キーワードの 前付け/後付け を選択することができます。
※ 後付け にした場合、 最初の文字には 小文字(ぁぃぅぇぉっゃゅょ)と長音(ー)は選択されません。

付加文字数 を変えると、ランダム発生させる 文字数の最大値を変えることができます。
禁断の「2〜99文字」にすると、呪文のような文字列が・・・。 (「呪文ジェネレータ」だったりして・・・)

濁音出現率 で、 濁音(がぎぐげござじずぜぞだぢづでどばびぶべぼ) の出現率を変更することができます。
※ 0倍 にすると濁音は出現しなくなります。
ネーミングのコツ その1: 濁音が入ると『力強さ』『躍動感』を与えることができる。

半濁音出現率 で、半濁音(ぱぴぷぺぽ) の出現率を変更することができます。
※ 0倍 にすると半濁音は出現しなくなります。
ネーミングのコツ その2: 半濁音が入ると『軽快さ』『ソフト感』を与えることができる。

※ Javascript の random関数を使ってますので、良いネーミングが出てくるかどうかは、 運まかせ! ということになります。
  神様にお祈りしながら [じぇねれーと]ボタン をクリックしましょう w

ネーミング(命名)について

ネーミング って、本当はものすごく 「深い」んですよね。

文字の意味だったり音だったりが、ネーミング にはとても大切なんだそうです。

新商品・新製品がヒットするかどうか、新しい会社・店舗・サイトが流行るかどうか、 新しいアパート・マンションに人が入るかどうか、 ネーミング にかかっている、と言っても過言ではありません。

企業などでは 「ネーミング戦略」 といって、商品や製品のネーミングを 非常に重視しているようです。ネーミングの良し悪しが売上を大きく左右する、 と考えられているためです。

ネーミング ライター という専門職まであるようで、ネーミングの 重要性は、今後もますます高くなっていくでしょう。

ネーミング(命名) のコツ、セオリー

ネーミング には コツ というか セオリー というか、 そんなのがあるみたいです。

私は素人ですので、ネーミング理論とか、そういうのはまったく分かりませんが、 「聞きかじり」で、

  1. 濁音 とか とか)は、『力強さ』『躍動感』を表す。
    「ガンダム」がいい例ですね。ガンダム、ザク、グフ、ドム ・・・。 私、チョッと「オタ」入ってます (^_^;
  2. 半濁音パピプペポ )は、 『軽快さ』『ソフト感』を表す。
    「ペプシ」「パピヨン」などなど・・・

っていうのを聞いたことがあります。 ネーミングをする場合、この辺のコツをよく勉強しておくとイイみたいです。

ネーミング(命名)ジェネレータ「ね〜ま〜2」 で、良いネーミングが できますように・・・。

ネーミングライツ(施設命名権)

最近ネーミングがらみで、よく聞く言葉に ネーミングライツ というのがありますね。

これは、施設命名権のことです。

楽天イーグルスのホーム球場「クリネックススタジアム宮城」が有名ですね。 宮城県が「クリネックス」の会社に ネーミングライツ(施設命名権) を売ったんですね。以前は「フルキャストスタジアム」という名前で、 さらにその前は「宮城球場」でした・・・。

球場の名前はさて置き、ガンバレ! ノムさん! (^-^)