ネーミング(命名)ジェネレータ「ね〜ま〜2」 フリーのネーミング ツール

 

■ ネーミング(命名)ジェネレータ「ね〜ま〜2」とは
「ね〜ま〜2」は、ネーミング(命名)のお手伝いをするフリー・ツールです。

■ 使い方
キーワード文字を入力し [じぇねれーと]ボタンをクリック! ( Topページで )

   

ネーミング(命名)について思う・・・

ネーミング(命名)って、一種の 呪縛 だと思うんですよね。

【呪縛】
まじないをかけて動けなくすること。心理的な強制によって、人の自由を束縛すること。

例えば、人の名前やニックネームなど。
その人に「あふぃる」という名前・ニックネームを付けると、その人は「あふぃる」 という 呪縛 にとらえられてしまう ことになります。

もともとその人は「あふぃる」という文字列とは何の関係もない存在なのですが、 一旦その名前を付ける(付けられる)と、毎日のようにその名を目にし、 周りから呼ばれるようになります。

そうすると、関係がなかったはずの「あふぃる」という文字列とその人の存在は、 ものすごく密接な関係になってきます。関係というより、ほぼイコールのものに なってしまいます。

そうです。最初に「あふぃる」というまじない(=ネーミング)をかけられ、毎日、 目と耳からそれを 呪文 のようにインプット されていくのです。それが日々繰り返されていくのです。 そうなると、その人は「あふぃる」という言葉に束縛され、しまいにはその言葉に のっとられてしまうのです。

例えば、モノの名前。
企業が新商品・新製品を作ると、まず名前を付けます。 ネーミングですね。それをテレビやラジオで毎日毎日、人々の 目と耳に 呪文 のようにインプット していきます。そうすると知らないうちに、その言葉を聴くとそのモノを思い浮かべる ようになります。

そうです。企業はそのモノに対して、および、人々に対して「商品名」という まじないをかけ、心理的に強制し、そのモノ=商品名、という 呪縛 を完成させているのです。

ですから、その 「おまじない」=「ネーミング」 というのは、とても大事なものなんですよね。良いネーミングはその商品を良い イメージにし、悪いネーミングはその名前すら覚えてもらえない、ということにも なりかねません。

ネーミングジェネレータ「ね〜ま〜2」 を使って、良い「名前」を。(^-^)v